賭けの救済措置にもなるデッドヒートルール

競馬

ブックメーカーのデッドヒートルールはさまざまなスポーツで採用されており、デッドヒートには同点や同着といった意味合いも含まれ、稀に同着となることがある競馬のレースやほとんど同じスコアの選手が複数出るゴルフの試合においてそれら選手の間での勝敗予想に適用されるルールです。

ゴルフの場合は勝敗が決まらずに上位2選手が同一のスコアで勝負を終えてしまうというケースが少なくなく、通常は勝ち負けが決まらなかった場合には払い戻しということになりますが、長時間にわたって試合観戦したにもかかわらず決着がつかなかったのはあまりにも残念ということでブックメーカーではデッドヒートルールを救済措置として導入しているところもあります。

競馬においても馬体が決勝線に到達した順に着順がつきますが目視では判断できなかった際には写真判定が行われ決着がつきます。写真判定をしたにもかかわらず着順が判然としないケースもあり、こういった場合には判定対象となった複数の馬が同着として扱われることになります。日本の競馬の場合は同着になった馬券の対象になっていれば通常通りの払い戻しが行われて、同着になった馬の着順によっては当たりの組み合わせが2通り以上になるケースもありますが、控除率が低めで設定される傾向のブックメーカーで同様のシステムにしてしまうと払い戻し対象となる人数が増加して利益獲得が見込めなくなります。

デッドヒートルールはそのために導入されたもので払戻オッズを同着になった馬の頭数で割ってから精算が行われます。同着対象となる馬の頭数は大抵の場合2頭ということで、同着となった馬に賭けていた場合の払戻オッズは半分になります。

ゴルフ